投稿日:

ぽっちゃり風俗はおすすめだけど、一応リスクもあるんです

脱ぎ捨てられた靴と下着

一度足を運んだらやめられなくなると言われる風俗ですが、これから始めて足を運ぶという若者も多いのではないでしょうか。

ここでは風俗で楽しむ遊ぶために、あえて「風俗リスク」取り上げ、考えていきたいと思います。

リスクその1、「病気」

風俗に足を運ぶにあたって、真っ先に考えるのが「性病」でしょう。未体験の人ほど性病に対する恐怖を抱いているのではないでしょうか。

まずは性病に対する正しい知識と、国内の風俗店の対策を学んでいきます。まず、風俗に通うことで性病に感染するリスクは「低い」ですが「ゼロ」ではありません。

つまり、どれだけ衛生管理を徹底している店でも、感染リスクをゼロにすることはできないのです。衛生管理を徹底している優良店が行っているのは「性病検査」です。

女性が性病に感染していないか、高い頻度で検査を行っています。この検査を行わないと性病を拡散させるリスクが高まり、場合によっては経営停止になる恐れがあります。

そのため、品質の良いサービスを提供している店ほど、性病検査を徹底的に行っています。また、プレイ中は「コンドーム」を装着するので、性交渉を行っても感染するリスクは限りなく低いです。

女性側の性病検査とコンドームによる衛星管理を考慮すると、そこまで性病を意識する必要は無いと言えます、

リスクその2、「身内バレ」

独身男性ならともかく、所帯を持っている人が風俗に通っている場合、万が一家族にバレると「離婚」に発展する恐れがあります。

もちろん独身でも、付き合っている女性に通っていることが知られると、破局の可能性も出てきます。知っての通り、大半の女性が風俗に対して良いイメージを持っていません。

むしろ、「悪いイメージ」を持っている人が圧倒的でしょう。そのため、身内にバレないための「対策」を打つ必要があります。

例えば、女の子や店の名刺は持ち帰らない方が良いです。内ポケットからポロリと落ちてしまった日には、パートナーとの修羅場が待ち受けています。

「証拠隠滅」を徹底することで、身内バレを限りなく防ぐことができます。

リスクその3、「お金」

風俗は優良店になるほど「利用料金が高額」になります。万単位でお金が飛んでいくのはあたりまえであり、一般企業に勤めているサラリーマンなら、月に一回足を運ぶのがやっとではないでしょうか。

風俗貯金をしている人ならともかく、無理に通うと生活費が無くなるリスクがあるので、ほどほどにしておきましょう。